2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.04.08 (Mon)

Xperia Z SO-02Eにてroot取得

さくっと取ります

「Xperia Z root」で検索して2番目に出てきた下記サイトを参照しました
[root] XPERIA Z SO-02E ほぼ1クリックrootingkit│huhka.com Blogger出張所

ドラムンでも聴きながら作業しましょう。
スポンサーサイト
23:12  |  Ubuntu  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.01.16 (Mon)

世界一周

昨晩帰宅し、23時から始めて…寝てませんっ
これ書いたら寝よう眠くないけど。

アサシン      コマンド
       → 
 98 / 49     100/44(Lv40からスタート)
13:39  |  Ubuntu  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2011.01.26 (Wed)

OCLFと某kernel導入+α

注意[!]

要rootな作業です、この記事を鵜呑みにして作業したことによって、
あなたのGalaxy Sが文鎮化しても私は責任を持ちません。

用意するもの

OneClickLagFix v2.3.0
Odin3 v1.70
某kernel
SetCPU v2.1.0
02:31  |  Ubuntu  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.12.04 (Sat)

XMLに記述

vc.java




import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;

public class vc extends Activity {
/** Called when the activity is first created. */
@Override
public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.main);
}
}



main.xml




android:orientation="vertical"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="fill_parent"
>


android:id="@+id/linearLayout10"
android:orientation="horizontal"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="150px"
android:layout_gravity="center_horizontal">


android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:orientation="vertical"
android:layout_gravity="center"
android:layout_marginLeft="50px">
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:layout_gravity="center|top"
android:gravity="center"
android:text="@string/camera1"/>
android:id="@+id/ImageButton01"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:layout_gravity="top|left"
android:background="@drawable/abe">





android:id="@+id/LinearLayout02"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:orientation="vertical"
android:layout_gravity="center"
android:layout_marginLeft="75px">
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="@string/camera2"
android:layout_gravity="top|center">


android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:background="@drawable/hanako">




android:id="@+id/LinearLayout20"
android:orientation="horizontal"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_weight="1"
android:layout_gravity="center_horizontal"
android:layout_height="150px">

android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:orientation="vertical"
android:layout_gravity="center"
android:layout_marginLeft="50px">
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:gravity="center"
android:text="@string/camera3"
android:layout_gravity="top|center"/>
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:background="@drawable/miho">



android:id="@+id/LinearLayout04"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:orientation="vertical"
android:layout_gravity="center"
android:layout_marginLeft="75px">
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="@string/camera4"
android:layout_gravity="top|center">

android:id="@+id/ImageButton04"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:background="@drawable/yuki">




18:48  |  Ubuntu  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.04 (Thu)

文字の描画まで

起動クラスに追記

	MyView cView = new MyView(this);
setContentView(cView);


描画処理に追記

 // 描画するための線の色を設定  
Paint cPaint = new Paint();
cPaint.setStyle(Paint.Style.FILL);
cPaint.setARGB(255, 255, 255, 255);
cPaint.setTextSize(16.0f);
// 文字を描画
canvas.drawText("Camera01", 50, 40, cPaint);
canvas.drawText("Camera02", 205, 40, cPaint);
canvas.drawText("Camera03", 50, 230, cPaint);
canvas.drawText("Camera04", 205, 230, cPaint);


文字にAA掛ける

	cPaint.setAntiAlias(true);
15:36  |  Ubuntu  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.03.13 (Sat)

ホワイトデーイベント

期間限定ホワイトデーイベント2010「あの日の君に……」
一部だけですがやってきました
07:32  |  Ubuntu  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.22 (Thu)

ソースからビルドをする その1

hoge.tar.gz 形式で配布されているソースを、
端末から呪文を唱えてビルドし、インストールするまでの手順。


ソースを用意

今回はWindows用ビューワーである、
GUIがViXに似ているGImageViewを例に取る。
ここからgimageview-0.2.27.tar.gzをダウンロードし解凍する。

インストール

付属のREADMEを見ると手順が書いてあった。
端末を起動し、
 $ tar xvfz gimageview-x.y.z.tar.gz
$ ./configure
$ make
$ su
(Enter passward)
# make install
だそうな。
しかし何度やってもmake で躓く。
make: *** ターゲットが指定されておらず, makefile も見つかりません.  中止.
ふぅん。

ググったところ大概はmakeのみでいけるらしいが、
makeができない=configureでエラーが出てmakeファイルが生成されていないっぽい。

configureのログを見返すと、
checking for gtk-config... no
checking for GTK - version >= 1.2.6... no
*** The gtk-config script installed by GTK could not be found
*** If GTK was installed in PREFIX, make sure PREFIX/bin is in
*** your path, or set the GTK_CONFIG environment variable to the
*** full path to gtk-config.
configure: error: Test for GTK failed. See the file 'INSTALL' for help
つまりGTKが必要ってわけですか?

gtk+-2.14.7をインストールする

ここからgtk+-2.14.7.tar.gz をダウンロード。
$ tar xfz gtk+-2.14.7.tar.gz
$ cd gtk+-2.14.7
$ ./configure
(@tar xfzとすると解凍時のログを出力しない?)
と、入力すると
No package 'glib-2.0' found
No package 'atk' found
No package 'pango' found
No package 'cairo' found

Consider adjusting the PKG_CONFIG_PATH environment variable if you
installed software in a non-standard prefix.

Alternatively, you may set the environment variables BASE_DEPENDENCIES_CFLAGS
and BASE_DEPENDENCIES_LIBS to avoid the need to call pkg-config.
See the pkg-config man page for more details.
またかよ('A`)
今度はglib-2.0、atk、、pango、cairoが足りないってことかな。

pkgconfigのインストール

ググるとpkgconfigってのも必要らしいのでインストール。
ここからpkg-config-0.23.tar.gzをダウンロード。
$ tar zxvf pkg-config-0.23.tar.gz
$ cd pkg-config-0.23
./configure --prefix=//usr
とすると、
checking whether we are using the GNU C++ compiler... no
checking whether g++ accepts -g... no
checking dependency style of g++... none
checking how to run the C++ preprocessor... /lib/cpp
configure: error: C++ preprocessor "/lib/cpp" fails sanity check
See `config.log' for more details.
って、今度はなんですか…?
C++のコンパイラが足りないってことか。

gcc-c++のインストール


端末から、
$ yum install gcc-c++
プログラム 'yum' はまだインストールされていません。
次のように入力することでインストールできます:
sudo apt-get install yum
bash: yum: command not found
そうなんだー教えてくれてありがとう。
$ sudo apt-get install yum
[sudo] password for hoge:
となるので、パスワードを入力。
続行しますか [Y/n]?
と聞かれたら"y"
Processing triggers for libc6 ...
ldconfig deferred processing now taking place
Processing triggers for python-support ...
これでいいのかな?よくわからん。

では、改めて
~$ yum install gcc-c++
...省略
rpm: To install rpm packages on Debian systems, use alien. See README.Debian.
エラー: Packages インデックスを db3 でオープンできません - No such file or directory (2)
エラー: /var/lib/rpm にある Package データベースをオープンできません。
Traceback (most recent call last):
File "/usr/bin/yum", line 29, in
yummain.user_main(sys.argv[1:], exit_code=True)
File "/usr/share/yum-cli/yummain.py", line 236, in user_main
errcode = main(args)
File "/usr/share/yum-cli/yummain.py", line 91, in main
base.getOptionsConfig(args)
File "/usr/share/yum-cli/cli.py", line 180, in getOptionsConfig
disabled_plugins=self.optparser._splitArg(opts.disableplugins))
File "/var/lib/python-support/python2.5/yum/__init__.py", line 170, in _getConfig
self._conf = config.readMainConfig(startupconf)
File "/var/lib/python-support/python2.5/yum/config.py", line 726, in readMainConfig
yumvars['releasever'] = _getsysver(startupconf.installroot, startupconf.distroverpkg)
File "/var/lib/python-support/python2.5/yum/config.py", line 793, in _getsysver
idx = ts.dbMatch('provides', distroverpkg)
TypeError: rpmdb open failed

わけわからん\(^o^)/


pkg-config-0.23.tar.gz

ちょっともう一度やってみる。
$ tar zxvf pkg-config-0.23.tar.gz
$ cd pkg-config-0.23
$ ./configure
...省略
config.status: executing default-1 commands
creating glibconfig.h
config.status: executing default commands
ん?できた?

じゃあ次はmake 。
...省略
make[2]: ディレクトリ `/home/anija/pkg-config-0.23' から出ます
make[1]: ディレクトリ `/home/anija/pkg-config-0.23' から出ます
なんかいっぱい警告って字を見たんだが…
# make install
...省略
make[2]: *** [install-binPROGRAMS] エラー 1
make[2]: ディレクトリ `/home/anija/pkg-config-0.23' から出ます
make[1]: *** [install-am] エラー 2
make[1]: ディレクトリ `/home/anija/pkg-config-0.23' から出ます
make: *** [install-recursive] エラー 1
できたと思ったのに(´・ω・`)

もうギブです\(^o^)/
00:46  |  Ubuntu  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.21 (Wed)

3Dデスクトップの効果を設定

システム→設定→外観の設定→視覚効果→追加効果を設定した上で、

スケール (MacOS XのExposeもどき)

システム→設定→CompizConfig設定マネージャを開き、
カテゴリのウィンドウ・マネジメント→Scaleを選択。
Bindings タブの上から2番目にあるInitiate Window Picker横のボタンを押すと、
Initiate Window Pickerを編集 と出るので有効にし、
キーの組み合わせをつかむ を選択しScaleのホットキーを設定しEnter。

デフォルトの設定では切り替えのスピードが遅いので、
一般 タブの上から2番目のSpeedを3.0くらいに設定した。


ubuntu090121_01
04:25  |  Ubuntu  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.20 (Tue)

Emeraldでテーマを変える

デフォルトでもある程度の視覚効果は利用できるが、
さらなる3D効果やアニメーション効果を追加することができるCompiz Fusion
このパッケージを使用しテーマを変更するまでの手順。


インストール

アプリケーション→アクセサリ→から端末を起動し、
$ sudo apt-get install compizconfig-setting-manager
で追加する。

さらに
$ sudo apt-get install emerald
で、Emerald Theme Managerが追加される。

起動・設定

次に、システム→設定→からCompizConfig設定マネージャを起動し、
カテゴリの中からエフェクトを選択、その中のWindow Decorationを選択し設定へ。
真ん中辺りにあるCommandの欄を
/usr/bin/emerald –replace
と変更する。
ここで一度ログインしなおす。


テーマの選択

システム→設定→からEmerald Theme Managerを起動。
テーマの設定タブ→テーマタブ→のImportを選択。
ファイルブラウザが起動するので任意のテーマを選択すると、
Theme Managerにサンプルが表示されるので選べば自動的に適応される。

ファイルを選択したのになにも一覧に表示されない場合は、
そのテーマファイルは他のテーマファイルかも?
拡張子は".emeral"です。

テーマファイルをお探しのお客さまはcompiz-themesとかどうぞ。


あとは自分でググると幸せになれるかもしれないです。

ubuntu090120_01
04:43  |  Ubuntu  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。